新しく賃貸物件を契約する方へ

賃貸物件を契約する場合、必要な書類や道具を用意する必要があります。今から賃貸物件をお探ししている方、あるいはすでに契約を考えている方は、下記の必要なものを用意しておくようにしましょう。事前に把握しておくことで、契約前に焦ることなくスムーズに契約し、住んでいくことができるでしょう。

賃貸契約に必要なもの

  • 住民票
  • 印鑑証明
  • 収入証明
  • 保証人関連書類
  • 銀行印
  • 通帳
  • お金

敷金・礼金について

賃貸物件を契約する際には、家賃の他にも敷金と礼金を支払う必要があります。礼金とは部屋を貸してくれる大家さん・経営者の方にお礼の気持ちを込めて支払うお金で、敷金とは家賃などの債務の担保として預けておくいわば保証金のようなお金です。いずれにしても、敷金と礼金は初期費用の中でも大きな割合を占めるので注意しましょう。

合わせて読みたいコンテンツ

つみき

分譲賃貸の特徴・魅力

最近では通常の賃貸物件と比べて、豪華な暮らしを満喫できる分譲賃貸が注目されています。分譲賃貸とは分譲マンションを賃貸に出した物件のことで、設備や構造、防音効果に優れています。そんな分譲賃貸の特徴やメリットについてご紹介しています。

詳しく見る

大学から新生活!一人暮らしする時に必要な費用とメリットをご紹介

男の人と女の人

大学生の一人暮らしにかかる費用

大学生の一人暮らしにかかる費用は国立・公立・私立によって数値が大きく異なります。また、地域か都心かによっても数値が異なりますが、一般的に賃貸物件を借りた時の費用は食費や光熱費を含めて100万円以上は必要になります。また、それに加えて、娯楽に費やす金額も必要になりますので、費用負担は大きいです。その為、一人暮らしを考えている方はその辺りも考慮した方がいいでしょう。

部屋

一人暮らしするメリットって何?

大学生の一人暮らしにはそれなりの費用がかかりますが、お金には代えがたいメリットも沢山あります。例えば、実家に比べると自由な生活を送ることができますし、人によっては時間やお金の管理能力も身につけることが可能です。また、大学の近くに賃貸物件を借りれば、通学にも便利なので充実したキャンパスライフを送ることができるでしょう。

男女

一人暮らしの注意点

ただ、一人暮らしだとお金を上手くやりくりする必要があるので、人によっては生活水準が下がってしまい、健康管理が難しかったりします。また、実家暮らしと違い、誰も見ていないので生活が堕落しがちです。そういった側面もありますので、普段からお金にルーズな人や自堕落な人は一人暮らしに向いていないと言えます。しかし、逆に一人暮らしを通じて生活力が身に付く人もいますので、一人暮らしに興味がある方は短期間でも一度暮らしてみることをオススメします。短期間で一人暮らしをする場合、物件の住む契約期間に注意する必要があります。例えば半年だけお試しで一人暮らしをしてみたいと思い、契約をしたけれど二年間契約でそれ以内に退居するのであれば途中解約金が発生することがあります。決して安い金額ではないので、事前に確認した上で契約をするようにしましょう。

[PR]
京都マンスリーマンションで宿泊
サービス内容を徹底解説!

[PR]
高円寺の賃貸を厳選リサーチ♪
一人暮らしの準備を進めよう

広告募集中